佐賀県職業能力開発協会 (Saga Vocational Ability Development Association)





〜うるおいをめざして〜
 佐賀県技能士会連合会は、技能士の社会的・公共的活動を通じて、産業の発展に寄与するとともに、自らの技能の向上と会員相互の協調と連帯を図る目的で、1973年に各職種の技能士会が結集して発足しました。現在は、正会員37団体約850名・特別会員30団体(2015年6月1日現在)




   




事業案内

事業案内

グランプリ印章ゴム印の課題作品
★技能フェスタ 技能体験ブースの出展
★技能グランプリ 技能士の地位向上と技能振興
を目指した技能大会
★特級セミナー 特級技能士の育成





 11月に佐賀県技能振興コーナーが主催するもので、広く一般県民に技能の素晴らしさや技能士世界を知ってもらうために開催される「技能の祭典」です。ものづくりマイスターによる「ものづくり体験教室」や技能士による実演、ものづくり体験等を行っています。
 さがものづくり技能フェスタ2015は、平成27年11月15日(日)に開催しました。






 技能グランプリへの参加については、佐賀県職業能力開発協会と一体となって、参加する選手のお世話を行っています。

 この大会は全国から選抜された、特に優れた技能を有する1級技能士が技能を競い合う大会です。佐賀県選手団は昭和57年第1回大会より、毎回参加しています。
 
 第28回全国技能グランプリ大会は、下記の内容で開催されました。
 
  ○ 開催日程 : 平成27年2月20日〜23日
  ○ 開催会場 : 千葉県 等

 第27回大会には、佐賀県選手団7種7名が出場しました。

年度 職種 選手名 所属 成績
第24回大会
(平成18年度)
印章ゴム印彫刻 小林 伸語 居ャ林はんや 1位
厚生労働大臣賞
ガラス施工 川原田輝行 兜枢xガラス 2位
園芸装飾 中島 利夫 拠島庭苑 3位
第25回大会
(平成20年度)
機械製図 野田 和彦 パナソニックファクトリー
ソリューションズ
1位
厚生労働大臣賞
ガラス施工 川原田輝行 兜枢xガラス 2位
日本料理 河井 澄 夢咲屋 敢闘賞
 第26回大会
(平成22年度) 
 園芸装飾 松隈 博英  萬寿園 2位
 壁装 中村 直道  中村内装 敢闘賞 
印章木口彫刻 小林 伸語 居ャ林はんや 敢闘賞
第27回大会
(平成24年度) 
 印章木口彫刻 小林 伸語 居ャ林はんや 2位
第28回大会
(平成26年度)  
婦人服製作   金武 節子 アトリエ節   敢闘賞
 日本料理  河井  澄 旬菜和食
夢咲屋 
 敢闘賞
 フラワー装飾  権藤 直樹  フラワーアクロス  敢闘賞



▲このページのトップへ




技能士会連合会への入会のご案内

 佐賀県技能士会連合会は、技能士の方々の社会的・公共的活動を通じて、産業の発展に寄与するとともに、自らの技能の向上と会員相互の協調と連帯を図る目的で1973年に各職種の技能士会が結集して発足し、現在は正会員37団体約850名、特別会員31団体の技能士の方々が会員として活動しております。
 未加入の職種技能士会をはじめ、団体からの加入をお待ち申し上げます。


技能士会員になるには
   1. 下に掲載している、それぞれの技能士会に申し込んでください。
2. 未結成の職種の資格を持っておられる技能士の方で、技能士会加入を希望
される方は、佐賀県技能士会連合会へご相談ください。
3. 会費の支払いは、各技能士会ごとに会費に若干の違いがありますので、お申
し込み時にお尋ねください。
4. その他、詳しいことは各技能士会、又は佐賀県技能士会連合会に、お気軽にお
尋ねください。


技能士会一覧
団   体   名 郵便番号 主たる事務所の所在地 電話番号
1 佐賀建設組合
技能士会
849-0936 佐賀市鍋島町大字森田512-1 0952-34-4393
2 伊万里地区建設
技能士会
848-0027 伊万里市立花町広田1513-18
伊万里共同高等訓練校内
0955-23-4930
3 佐賀県鉄筋
技能士会
849-2204 武雄市北方町大字大崎5131-7
活芬闌鉄筋内
0954-36-5480
4 佐賀県建築塗装
技能士会
840-0054 佐賀市水ケ江二丁目6-26
佐賀県塗装工業会内
0952-29-7829
5 佐賀県造園技能士会 849-0905 佐賀市金立町大字千布637-1 0952-98-2151
6 佐賀県畳技能士会 843-0022 武雄市武雄町大字武雄1805-2
居シ下畳商会内
0954-22-2648
7 佐賀県和裁技能士会 842-0002 神埼市神埼町大字田道ヶ里
2163−31
0952-52-5871
8 佐賀県陶磁器技能士
連合会
844-0028 西松浦郡有田町南山丁240-4 0955-42-5849
9 佐賀県広告美術
技能士会
840-0814 佐賀市成章町1-15
アサヒ工芸社内
0952-23-3366
10 佐賀県表装技能士会 840-0806 佐賀市神園五丁目3-5
光和堂内
0952-33-1800
11 佐賀県鋳物技能士会 849-1314 鹿島市大字山浦丁1430-30
東亜工機鞄
0954-63-3236
12 ミゾタ技能士会 849-0921 佐賀市高木瀬西六丁目2-6
潟~ゾタ内
0952-31-2256
13 戸上電機技能士会 840-0802 佐賀市大財北町1-1
褐ヒ上電機製作所内
0952-25-4107
14 中村電機技能士会 849-0921 佐賀市高木瀬西六丁目4-7
樺村電機製作所内
0952-30-8141
15 佐賀県農業機械整備
技能士会
840-0864 佐賀市嘉瀬町大字萩野天草江
351-4
0952-23-3923
16 佐賀県印章技能士会 843-0023 武雄市武雄町大字昭和182
居ャ林はんや内
0954-23-2387
17 ニシム電子技能士会 842-0032 神埼郡吉野ヶ里町大字立野700
ニシム電子工業鞄
0952-53-8637
18 チクシ電気技能士会 842-0032 神埼郡吉野ヶ里町大字立野560-11
チクシ電気鞄
0952-52-1265
19 戸上メタリックス
技能士会
849-0903 佐賀市久保泉町大字下和泉3200-1
褐ヒ上メタリックス内
0952-98-2131
20 戸上コントロール
技能士会
840-0802 佐賀市大財北町1-1
褐ヒ上コントロール内
0952-25-4142
21 佐賀県日本調理
技能士会
840-0826 佐賀市白山二丁目4番10号
食彩「かもはら」内
0952-23-4090
22 佐賀県司厨士
技能士会
849-0923 佐賀市日の出1-21-10
れすとらん・さがん風気付
0952-22-3039
23 佐賀県左官業協同組合技能士会 849-0937 佐賀市鍋島六丁目9-1 0952-31-0799
24 佐賀県室内装飾
技能士会
840-0021 佐賀市鬼丸町1-23 0952-29-9400
25 佐賀県板金工業組合
技能士会
840-0034 佐賀市西与賀町大字厘外849-20 0952-22-3300
26 佐賀県板硝子商協同組合技能士会 840-0023 佐賀市本庄町袋105-12
巨シ田硝子店内
0952-24-8563
27 佐賀県鳶技能士会 845-0023 小城市三日月町織島2830
潟Aクセル内
0952-73-1811
28 佐賀県フラワー装飾
技能士会
847-0083 唐津市和多田大土井6-52
潟泣戟[ブ内
0955-70-1487
29 戸上デンソー技能士会 840-0811 佐賀市大財5丁目7ー25
褐ヒ上デンソー内
0952-25-4151
30 佐賀県型枠協力会
技能士会
840-0024 佐賀市本庄町末次174
潟^シロ内
0952-24-8444
31 東亜工機技能士会 849-1314 鹿島市大字山浦丁1430-30
東亜工機鞄
0954-63-3236
32 佐賀県石材技能士会 840-0805 佐賀市神野西3丁目3-49
虚ス川石材内
0952-30-6343
33 佐賀県瓦事業協同組合技能士会 840-0814 佐賀市成章町7-3 0952-22-1055
34 佐賀県洋裁技能士会 844-0017 西松浦郡有田町戸杓丙627-12
アトリエ節内
0955-43-3460
35 宮嵜塗装工業
技能士会
842-0002 神埼市神埼町田道ヶ里2165-1 0952-52-2750
36 佐賀県自動車板金塗装技能士会  849-0316 小城市芦刈町道免576-4
三栄車体工業内
0952-66-4186
37 佐賀県木工業組合技能士会 840-0015 佐賀市木原3丁目5-27 0952-26-3311

▲このページのトップへ




佐賀県技能士連合会 会則

第1章 総  則 

(目 的)
第1条 本会は、会員の育成と連絡調整を図り、もって技能労働者の資質及び福祉の向上を図ることを目的とする。 

(名 称)
第2条 本会は、佐賀県技能士会連合会と称する。

(事 務 所)
第3条 本会は、事務所を佐賀市に置く。

(業 務)
第4条 本会は、第1条の目的を達成するため、次の業務を行う。
(1) 会員相互の連絡調整
(2) 会員が行う研修会及び講習会等の開催に対する指導援助
(3) 職業訓練受講催促のための会員及び関係機関団体との連絡調整
(4) 技能検定及び技能競技大会に対する協力
(5) 会報、その他印刷物の発行
(6) その他本会の目的達成のために必要な事業

第2章 会 員 等 

(会 員)
第5条 本会の会員は、正会員及び特別会員とする。
(1) 正会員は、職種別技能士会及び企業別技能士会とする。
(2) 特別会員は、本会の目的に賛同する会社及び団体とする。 

(加 入)
第6条 前条に掲げるものが本会の会員となるには、書面により加入の申込みをし、会長の承認を受けなければならない。

(脱 退)
第7条 会員は、会員が次の各号のいずれかに該当する場合には、本会から脱退するものとする。
(1) 解散したとき。
(2) 除名されたとき。

   2 会員は、前項の規定によるほか、その理由を書面により会長に申し出て本会を脱
   退することができる。
 

(除 名)
第8条 本会は、会長が次の各号のいずれかに該当する場合には、総会の議決によりこれを除名することができる。
(1) 本会の目的の達成または業務の運営を妨げたとき。
(2) 会費の納入の義務を怠ったとき。
(3) 本会の信用を失わせる行為をしたとき。

(会 費)
第9条 会員は、総会で、別に定めるところにより会費を納入しなければならない。

  2 徴収した会費は、会員が脱退した場合においても返還しない。

(届 出)
第10条 会員は名称、代表者の氏名、登録人数及び事務所の所在地を変更したときは、遅滞なく、その旨を会長に届け出なければならない。

第3章 役  員 

(役 員)
第11条 本会に次の役員を置く。
(1) 会  長   1 名
(2) 副 会 長   3 名
(3) 専務理事   1 名
(4) 理  事    7名〜10名
(5) 監  事   2 名

(役員の任免)
第12条 役員は、総会において正会員の中から選任し、または解任する。但し、専務理事は正会員以外の者をもって充てることができる。

    2 役員のうち会長及び副会長については、必要に応じて正会員による選挙により
    選任
するものとする。

    3 選挙による役員選任に当たっては、あらかじめ会長が正会員の中から指名した
    委員
3名で選挙管理委員会を組織するとともに、事務局を設置し、選挙事務に当
    たるもの
とする。                

(役員の任務)
第13条 役員の任期は、2年とする。但し、再任は妨げない。

   2 補欠の役員の任務は、前任者の残任期間とする。

  3 役員は、任期満了後であっても後任者が就任するまではなお、その職務を行う
   ものとする。
 

(役員の職務)
第14条 会長は、本会を代表し会務を総理する。

  2 副会長は、会長の補佐し会長事故あるときは、あらかじめ会長が定めた順位に
   よりその職務を代行する。

   3 専務理事は、会長の命を受け会務を掌理する。

   4 理事は、本会の業務を掌理する。

   5 監事は、本会の業務及び経理の状況を監査し、その結果を総会に報告する。 

第4章 会  議 

(総会の招集)
第15条 総会は、通常総会及び臨時総会とする。

   2 会長は、毎事業年度1回通常総会を招集しなければならない。

  3 会長は、必要があると認めるときは、理事会の意見を聞いて臨時総会を招集す
   ることができる。

  4 会員総数の5分の1以上にあたる会員が会議の目的たる事項及び招集の理由を
   記載した書面を会長に提出して請求したときは、会長は遅延なく臨時総会を招集
   しなければならない。

   5 総会を招集するには、会員に対し、会日の5日前までに会議の目的たる事項、
   日時及び場所を示した書面をもって通知しなければならない。

(総会の議決事項)
第16条 次の事項は、総会の議決を経なければならない。
(1) 会則の変更
(2) 事業計画及び収支予算の決定又は変更
(3) 解散
(4) 会員の除
(5) 役員の選任及び解任
(6) 会費に関する事項
(7) その他会長が必要と認める事項 

(総会の議事)
第17条 議長は、総会において正会員の中から選任する。 

    2 総会は、会員総数の2分の1以上が出席しなければ議事を開き、議決すること
    はで
きない。

   3 総会の議事は、出席した会員の過半数で決する。ただし、前条第1号、第3号
   及び第4号にかかる議事は、出席した会員の3分の2以上の多数で決する。

   4 前2項の場合において、書面をもって議決権を他の会員に委任した会員は、出
   席者とみなす。


   5 総会の議事については、議事録を作成し、議長及び議長が指名する理事がこれ
   を署名するものとする。

(理 事 会)
第18条 理事会は、会長、副会長、理事及び専務理事(以下「会長等」という)をもって組織する。

   2 理事会は、会長が招集する。

   3 理事会の議長は会長とする。

   4 理事会は、会長等の2分の1以上が出席しなければ会議を開き。議決すること
   ができない。

   5 理事会の議事は、出席した会長等の議決権の過半数で決する。

   6 前条第3項及び第4項の規定は、理事会の議事について準用する。

(理事会の議決事項)
第19条 次の事項は、理事会の議決を経なければならない。
(1) 総会に提出する議案
(2) 会務の運営に関する重要事項
(3) この会則に基づき理事会が処理すべき事項
(4) その他会長が必要と認める事項

第5章 資産及び会計 

(資 産)
第20条 本会の資産は、会費、補助金、寄付金、事業に伴う収入その他の収入からなるものとし、会長が別に定めるところにより適正に管理する。

(経費の支弁)
第21条 本会の経費は、資産をもって支弁する。

(会計年度及び事業年度)
第22条 本会の会計年度及び事業年度は、毎年4月1日から翌年3月31日までとする。

(会計書類等の作成)
第23条 会長は、毎会計年度、事業計画及び収支予算を作成し、総会の議決を経なければならない。

    2 会長は、毎会計年度の事業報告書、収支決算書を作成し、監事の監査を経て、
    総会の承認を経なければならない。

第6章 事 務 局 

(事務局)
第24条 本会の業務を処理するため、事務局を置く。

   2 事務局に関する事項は、会長が別に定める。

第7章 雑  則

(解 散
第25条 本会は、次の理由によって解散する。
(1) 総会の議決
(2) 破   産

(その他)
第26条 この会則に定めるもののほか、本会の運営に関し必要な事項は、会が別に定める。 

(施行期日)
 1 この会則は、本会の成立の日(昭和48年7月26日)から施行する。
 2 この会則は、平成25年6月5日から施行する。



▲このページのトップへ



技能士カードを持ちましょう!

 皆さんが技能士としての誇りと自覚をもつことによって、技能を尊重する気運を社会一般に高めるとともに、技能士の地位向上を図るために技能士カードを持たれることをお勧めします。
 カードを携行することによって、就業や、職場配置の時、その他あらゆる場合に技能士としてのキャリア証明に役立ちます。



技能士カード
 技能士カードは、技能検定に合格されている皆さんの技能士の資格、履歴等を証明するカードで、全国技能士会連合会が発行するものです。
 申し込みの際は、技能検定合格証書写しを添付してください。



 現品寸法は縦5.4p、横8.6cm、厚さ0.8mmのプラスチックカードです。

 価格 2,500円(送料込み



門標・盾
 その他、技能士の存在をPRするため、全国統一の((社)全国技能士会連合会認定)技能士門標や盾を事業所や自宅に掲げられることもお勧めします。
 詳しいことは、佐賀県技能士会連合会までお問い合わせください。

佐賀県技能士会連合会
〒840-0814
佐賀市成章町1-15
Tel:0952-24-6408
Fax:0952-24-5479






▲このページのトップへ


Homeへ